保湿効果が高いセラミドの化粧水を使う【肌のトラブルは解決できる】

タイプ別で判断

ウーマン

様々な原因によって発生する毛穴トラブルですが、きちんと毛穴ケアを行なうことによって、悩みを解消することが出来ます。そのためにも、毛穴の種類について把握しておく必要があります。また、毛穴にとって脂分は重要となるため、オイルの量には注意が必要です。

新しいアプローチ

基礎化粧品

肌にやさしく保湿

保湿効果の高いセラミド化粧水が人気を集めています。セラミドは、肌の細胞間脂質の主な成分で、肌の角質層にあります。水分を層の間に閉じ込めて、潤いを持続させる働きがあります。角質層に浸透できるので、保湿成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分よりも、効果が期待できます。セラミドにも、動物由来の天然セラミドや植物性セラミドなど、いくつかの種類のものがあります。セラミド化粧水といっても、成分や価格に差がありますので、気を付けましょう。中でもヒト型セラミドといわれるバイオセラミドは、肌のセラミドとほぼ同等の構造なので、刺激も少なく、保湿力が高いとされています。保水力は、数時間〜一日ほど継続すると言われています。ナノセラミドと言われる、さらに小さく、角質層により浸透しやすいものもあります。化粧水の使い方のポイントは、適量を手に取り、手の平で包み込むように、しっかりと浸透させます。ハンドプレスすることで、保湿効果を実感しやすくなります。これまでの保湿は、化粧水で水分を補い、乳液やクリームで油分を補うものが主流でした。乾燥肌や、敏感肌の方は、十分な保湿効果が得られないことも多かったです。細胞間脂質の成分を補うことで、肌の保水力を高めるので、これまでの保湿とは違ったアプローチになります。保湿効果を実感できる方も増えていますし、肌の成分に近い構造のものは、肌への刺激も少ないので、敏感肌の方でも使いやすくなっています。